30代女性:下顎前突(反対咬合)の症例(インビザライン)

新宿駅 徒歩

インビザラインの治療例
下顎前突(反対咬合) 女性
CASE8

新宿駅 徒歩

治療例30代 女性

過去に矯正治療を行っていましたが、矯正後の後戻りにより下顎前歯が前に出ていた(下顎前突/反対咬合)ため、インビザライン矯正で歯並びを改善しました。

下顎前歯1本に失活歯による変色がみられたため、矯正治療と同時にウォーキングブリーチ法による歯のホワイトニングを行い、自然な歯の色を取り戻しました。

治療期間は約6ヵ月でした。

マウスピース矯正メニュー