10代男性:空隙歯列(すきっ歯)の症例(インビザライン)

新宿駅 徒歩

インビザラインの治療例
空隙歯列(すきっ歯) 男性
CASE13

新宿駅 徒歩

治療例10代 男性

上顎の前歯が前に出ており、すき間がありました。上顎前歯だけの治療を希望されたため、永久歯が完全に生えていない混合歯列期に対応したインビザライン・ティーンで歯並びを改善しました。

矯正治療の途中で乳歯が抜けて永久歯に生え変わりましたが、インビザライン・ティーンはこのような歯の生え変わりに合わせて、マウスピース(インビザライン・アライナー)を新しく作り直すことができます。

インビザライン・ティーンでは、マウスピースの作り直しに費用はかかりません。

治療期間は約9ヶ月でした。

マウスピース矯正メニュー