インプラント治療

インプラント治療とは、顎の骨に埋めたチタン製の支柱(インプラント)と人工の歯によって、失った歯の機能を補う治療です。 インプラントを顎の骨に埋め込み、約6~12週間の治癒期間を経て骨と結合したインプラントに、歯冠やブリッジ・義歯などの人工歯を固定します。

インプラント治療の長所

自然な外観や表情を取り戻すことができます。

インプラントに取り付けた人工の歯は、天然歯のような審美性があります。

隣の歯を削る必要がありません。

ブリッジによる治療では、ブリッジを被せるために隣の健康な歯を削る必要がありましたが、インプラント治療では、インプラントが歯根の代わりとなるため、隣の健康な歯を削る必要がありません。

咬む機能を回復することができます。

インプラントという安定した土台に人工の歯を固定するため、食べ物をしっかり咬むことができます。

ブリッジや義歯による治療では、骨の萎縮を防ぐことはできませんが、インプラント治療では、咬合力がインプラントを通して骨に伝わるため、骨の萎縮を防ぐことができます。

顎の骨が萎縮するのを防ぎます。

歯を失うと、その部位には咬む力(咬合力)が伝わらなくなるため、骨が吸収されて徐々に痩せていきます。
インプラントの人工の歯には、固定式(クラウン・ブリッジ)と取り外し式(義歯)があります。

インプラント治療の短所

治療期間が比較的長くかかります。

インプラント治療では、骨とインプラントが結合するまでに約6~12週間待つ必要があり、ブリッジや義歯による治療と比較して治療期間が長くかかります。
(1日の中で抜歯と同時にインプラントを埋入し、仮歯を入れる抜歯即時インプラントという方法もあります。)

顎の骨の状態や全身状態によりインプラント治療を適応できない場合があります。

骨とインプラントを結合させて長期にわたり安定させるためには、十分な量の骨があることが前提となります。
骨が痩せていて、インプラントを埋入するスペースがない場合は、インプラント治療を適応できません。
(GBR法などの骨造成を併用することにより可能となる場合があります。)
また、インプラント治療は、外科手術を伴うため、全身状態によっては適応できない場合があります。

インプラントを顎の骨に埋め込むための外科手術が必要となります。

保険が適用されません。

インプラントメニュー