30代女性:正中離開・空隙歯列の症例(インビザライン)

新宿駅 徒歩

インビザラインの治療例
正中離開・空隙歯列 女性
CASE12

新宿駅 徒歩

治療例30代 女性

前歯の隙間(正中離開/空隙歯列)と上顎前突をマウスピース矯正インビザライン・ライトで治療しました。

全体的に中等度の歯周病にかかっていたため、矯正治療前に集中的な歯周病治療(歯石除去/スケーリング・ルートプレーニングやフラップ手術)を行い、矯正期間中も徹底した歯周病管理を継続しました。

遠方からの通院であったため、治療回数が少なくなるように計画して治療を行いました。矯正期間は約6ヵ月で、予定していた結婚式の前に無事に健康できれいな歯並び、素敵なスマイルになりました。/p>

マウスピース矯正メニュー