上顎前突・叢生・過蓋咬合の複合症例(インビザライン)

新宿駅 徒歩

インビザラインの治療例
上顎前突・叢生・過蓋咬合 女性
CASE10

新宿駅 徒歩

治療例20代 女性

上顎の前歯が前方に出ているために口が閉じづらい状態でした。上顎前突、叢生、過蓋咬合をインビザライン矯正で改善しました。

マウスピース矯正をしながら、歯のホワイトニング(ホームホワイトニング)も同時に行い、歯を白くしました。

さらに矯正治療後に、金属色で目立っていたアマルガム充填を取り除き、ダイレクトボンディングによるメタルフリー治療を行ったことで、口元が明るくなりました。

治療期間は約1年3ヵ月でした。

マウスピース矯正メニュー