• マウスピース矯正のよくある質問

マウスピース矯正のよくある質問

五十嵐歯科室でマウスピース矯正に関してよくある質問

  • マウスピース矯正とはどのようなものですか?

    マウスピース矯正は、透明なマウスピース型の装置を使った矯正法です。ブラケットやワイヤーを使わないため、目立ちにくい、食事の時に装置を取り外せるなど、大きなメリットがあります。

    主なマウスピース矯正としては、インビザライン、アソアライナー(クリアアライナー)、エシックス、ストレートライン、オペラグラス、アクアシステムなどがあります。

  • マウスピース矯正のメリット・デメリットは何ですか?

    マウスピース矯正のメリットとしては、装置が目立たない、取り外しができる、違和感が少ない、治療費用が比較的に安い、痛みが少ない、同時にホワイトニングができる、などがあげられます。

    デメリットとしては、適応症が限られている、マウスピースの装着時間を守らないと矯正期間が長引く、などがあげられます。

  • マウスピース矯正をしている間は話しにくくなりますか?

    通常は問題なく会話することができます。舌側矯正のようにかなり話しづらくなることはありませんが、矯正を始めた直後は、マウスピースの装着に少し慣れていただく必要があります。

    マウスピース矯正は、矯正装置(マウスピース)を取り外すことができますので、重要な会議や面接などの前に患者さまご自身の判断でマウスピースを取り外しておくことができます。

  • マウスピース矯正は本当に目立ちませんか?

    矯正治療をしていることを周囲の人に気づかれることはほとんどありません。逆に誰にも気づかれないため、自らマウスピースを取り外してご友人に教えている方もいらっしゃいます。写真撮影の時など気になる場合には、マウスピースを取り外すことができるのも大きなメリットです。

  • マウスピースを装着して飲食はできますか?

    お水はマウスピースを装着したまま飲んで構いません。お茶なども装着したまま飲むことはできますが、マウスピースが汚れやすくなるためマウスピースを外していただいた方が無難です。

    食事の時は基本的にマウスピースを外してください。外出先などで食事前にマウスピースを外すことができない場合はマウスピースを装着したまま食事をしても構いませんが、マウスピースが汚れやすくなり、割れる場合もありますので注意が必要です。 マウスピースを装着して食事をすると、歯とマウスピースの間に食べ物が入り込みやすいので、食後なるべく早く歯磨きとマウスピースの洗浄をして下さい。

  • マウスピース矯正は虫歯になりやすくないですか?

    ワイヤー矯正と違って、歯磨きの時は矯正装置(マウスピース)を取り外すことができますので、矯正前と変わらない状態でお口の清掃ができます。虫歯になりやすくなることはありません。食後は歯磨きとマウスピースの洗浄を行って下さい。

  • まだ10代ですが、マウスピースで矯正できますか?

    10代、とくに11才~17才の中学生・高校生を対象としたマウスピース矯正として、インビザライン・ティーンがあります。インビザライン・ティーンは、歯の生え変わりや顎の発達など大きな変化がある10代(中高生)の課題に対応した新しいマウスピース矯正システムです。  マウスピース型の矯正装置で治療が可能かどうかは、歯並びの状態や、マウスピースを決められた時間装着できるか等によりますので、まずはご相談下さい。

矯正歯科に関連するよくある質問