• ワイヤー矯正についてのよくある質問

ワイヤー矯正についてのよくある質問

矯正治療についてのよくあるご質問

  • 自然に歯並びが悪くなることはありますか?

    歯は常に力がかかっていると自然に動いていくため、いつの間にか歯並びが悪くなることがあります。以前は気にならなかった歯並びがおかしいと感じるようになるのはそのためです。特に前歯の変化に気づかれる方が多いと思います。「前歯が前方に出てきた」「前歯がねじれてきた」「前歯が不揃いになってきた」「歯と歯の間に隙間ができた」「歯が伸びてきた」などがよく見られる変化です。

    歯の並ぶ場所は、歯を支える骨や周囲の歯、唇、頬、舌などのバランスによって自然に決まってきます。このバランスが崩れてくると歯が自然に動いてしまいます。歯並びが悪くなる主な原因としては、虫歯の放置、抜歯後の治療中断、歯周病、咬み合せ、歯ぎしり、舌で歯を押すなどの舌癖、親知らずなどがあります。

    歯並びの変化に気づいた時はなるべく早く診察を受けることが大切です。放置して歯並びが大きく変化してしまった後では、長期間の治療や本格的な矯正治療が必要になりますが、早期に対処すれば短期間の治療で済む場合が多いからです。

  • 矯正治療はいつ頃から始めれば良いですか?

    子供の矯正治療の場合、体や顎の成長、歯の生えかわり等の状態により、矯正の開始時期は変わります。矯正治療を今行うべきか、経過観察や機能訓練(MFT)などで様子をみるべきかを判断するためには、お口の中を拝見させていただく必要があります。

    成人の方は、顎の成長などを考慮する必要はありませんのでいつでも可能ですが、虫歯や歯周病になっている場合はそれらの治療を先に行う必要があります。

  • 矯正治療は痛いですか?

    矯正治療で歯を動かすためには、歯に持続的に圧力をかける必要があります。そのため、歯が浮いたように感じたり、硬いものを咬むと痛みを感じることがあります。ただし、この感じ方も、装置の種類や治療の時期などによって異なり、同じ装置でも痛みを感じる人とそうでない人がいます。

    ワイヤー矯正では、特にワイヤー調整直後に痛みや違和感を感じることが多いですが、歯が動き始めると徐々に感じなくなります。痛みが心配な場合は、歯にかける力を弱めることで痛みを抑えることもできます。

    マウスピース矯正は、マウスピースの摩擦力と咬む力で歯を動かすため、ほとんど痛みを感じません。

  • 大人でも矯正はできますか?

    もちろん可能です。矯正治療には年齢的な制限はありません。当歯科室で矯正治療を受けられている方のほとんどが成人の方です。

    透明なブラケットによる矯正やマウスピース矯正など、装置の進歩により大人の方でも見た目を気にせず治療を受けられるようになりました。

  • 全顎矯正と部分矯正の違いは何ですか?

    全部の歯に装置をつけて行う矯正が全顎矯正、一部の歯に装置をつけて部分的に行う矯正が部分矯正です。

    全顎矯正では、装置を全体につける必要がありますが、力を支えるための固定源(アンカー)が得られやすく、歯並びを調整しやすいのが特長です。

    部分矯正は、装置が小さいため、違和感が少なく目立ちにくい矯正法です。部分矯正では、固定源(アンカー)が得られにくく一部の歯しか動かせないため、治療可能なケースは限られてしまいますが、1,2本の歯列不正や傾いた歯の治療には最適な方法です。

    全顎矯正が必要か、部分矯正で可能かは、歯並びの状態によりますので、まずは相談して下さい。

  • 矯正治療はどのくらいの期間がかかりますか?

    歯並びの状態や矯正を始める年齢によりますが、一般的に全顎矯正で2~3年、部分矯正で2ヶ月~1年くらいです。

  • 矯正治療はどのくらいの頻度で通院する必要がありますか?

    矯正方法や歯並びの状態などにより多少違いがあります。ワイヤー矯正やストレートライン(マウスピース矯正)は月に1回、アソアライナー(マウスピース矯正)は月に2回の通院が基本となります。出張や旅行などで通院できない場合も矯正が中断しないよう調整いたします。

矯正歯科に関連するよくある質問