新宿駅 徒歩

ブログ BLOG

五十嵐歯科室のホワイトニング

歯の色を測定して、ホワイトニングの効果を確認

歯の色を測定して、ホワイトニングの
効果を確認

当院では、治療前後に歯科用測色装置(クリスタルアイ)で歯の色を測定しますので、どのくらい歯が白くなったかホワイトニングの効果を客観的に知ることができます。ご希望の方には治療前後の写真を印刷してお渡ししています。
また、ホワイトニング後に生じる後戻りについても定期的に測定してチェックしています。
当院で使用しているオパールエッセンス(Opalescence、Ultradent社)は、FDA(米国食品医薬品局)及び、ADA(米国歯科医師会)から安全性が認められているホワイトニング剤で、米国の歯科材料評価機関(REALITY)からの高い評価を受けています。

歯科用測色装置 クリスタルアイ

歯科用測色装置 クリスタルアイ
多種類のホワイトニングプラン

多種類のホワイトニングプラン

当院では、神経のある歯(生活歯)のホワイトニングにはオフィスブリーチまたはホームブリーチを、神経のない変色歯(失活歯)のホワイトニングにはウォーキングブリーチ法またはインターナルブリーチを単独または併用して(デュアルブリーチ)ホワイトニングを行っています。
茶渋やタバコのヤニなどによる歯の黄ばみには歯のクリーニング(PMTC・エアフロー)によるホワイトニングプランがあります。また一時的に歯を白くしたい場合には歯のマニキュアホワイトコートで短期間だけ白くすることもできます。
歯の状態や治療期間、通院回数、費用など、患者様のご要望に沿うホワイトニングプランが見つかるはずです。

歯の幅広い症例に対応

幅広い症例に対応

各種ホワイトニング法により、生活歯、失活歯いずれの歯もホワイトニングで白くすることができます。
重度の変色や金属による変色、差し歯や詰め物の変色は、通常のホワイトニングでは白くすることが困難ですが、そのようなケースではセラミック治療(セラミッククラウン、ポーセレンラミネートべニア)やダイレクトボンディング、歯のマニキュアホワイトコートで白く輝く理想的な歯を手に入れることができます。
幅広い症例に対応していますのでまずはご相談下さい。

すぐに対応できる包括治療

すぐに対応できる包括治療

むし歯や歯周病がある場合、その状態によってはホワイトニングを行う前に治療する必要があります。
当院は、一般歯科(むし歯治療、根管治療、歯周病治療など)やお口の見た目を整える治療、矯正歯科、口腔外科等も行っているため、患者様の歯の状態に合わせてすぐ対応することができます。マウスピース矯正も行っているため、矯正をしながらホワイトニングで歯を白くすることもできます。