新宿駅 徒歩

ブログ BLOG

よくあるご質問

Q

ホワイトニングとクリーニングの違いは何ですか?

A

ホワイトニングは、歯の表面にホワイトニングジェルを塗り、歯の内部を白く(漂白)することで、歯の色自体を白く明るくします。クリーニングは、歯の表面に付いた汚れ(茶渋、タバコのヤニなど)を取り除くことで、歯をきれいにします。歯の色が気になる場合には、その原因が歯内部の着色か歯の表面の着色かによって、治療法(ホワイトニング/クリーニング)が変わります。歯の表面に汚れが付いていて歯自体の色も改善する必要がある場合は、歯のクリーニングを行ってからホワイトニングを行います。

Q

ホワイトニングをすると歯が弱くなりますか?

A

ホワイトニングによって歯が弱くなったり、むし歯になったりすることはありません。ホワイトニング剤の主成分である過酸化水素や過酸化尿素は、熱などによって活性化されると酸素と水に分解されます。この分解された酸素が歯の内部の色素と結びついて、着色物質を無色透明にすることで歯が白くなります。ホワイトニングを行っても歯の構造は変わらないため、歯が溶けたり脆くなることはありません。ホワイトニングによって歯がしみるのは、薬剤による刺激が歯の薄い部分や元々ある亀裂から歯の神経に伝わるために起きる症状ですが、あくまでも一時的なものでホワイトニング後に歯にダメージが残ることはありません。

Q

ホワイトニングで白くなりすぎることはありますか?

A

ホワイトニングの方法や時間によって歯が白くなる程度には違いがありますが、1回のホワイトニングで心配されるほど真っ白になることはありません。通常、ある程度白くするためにはホワイトニングを数回繰り返し行うが必要があります。当歯科室では、ホワイトニング治療を行う前にどの程度の白さにするかご相談してからホワイトニングプラン(ホワイトニングの方法や時間)を決定しております。歯の質や構造によっては、同じ歯でも部分的に早く白くなったり不透明になったりする場合がありますので、その可能性がある場合には事前にご説明しています。





ホワイトニングのメニュー