ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチとは?

ウォーキングブリーチ(失活歯のホワイトニング)は、外傷や大きな虫歯などによって神経がなくなった歯(失活歯)が変色した場合に行うホワイトニング法です。

歯の中に高濃度の漂白剤を入れて、内側から歯を徐々に白くします。そのため、神経のある歯(生活歯)には使用できません。

このような方に

  • 歯を削らずに変色した失活歯を白くしたい方
  • 歯ぐきの黒ずみ(変色歯が原因の場合)を改善したい方

ウォーキングブリーチの効果

失活歯の変色は歯の内部に原因があるため、内側から原因を除去して白くするウォーキングブリーチは、歯の外側から白くするオフィスブリーチホームブリーチよりもホワイトニング効果が高いことが大きなメリット(特長)です。

歯の表面にホワイトニング剤を作用させないため、ホワイトニング後の仕上がりもより自然な感じになります。

歯の変色により歯ぐきが黒くなっている場合、ウォーキングブリーチで歯を明るくすることにより歯ぐきの色調も改善できます(メタルコアが原因の場合は効果がありません)。

変色した失活歯をオールセラミッククラウンやセラミックラミネートベニアで治療する予定の場合でも、内部の歯の色調を改善することでより審美的な結果を得ることができます。

ウォーキングブリーチ治療の流れ

過去に虫歯などの痛みが原因で神経を取る処置(抜髄処置、根管治療)を受けたことがある失活歯は、歯の裏側(前歯)や歯の咬む面(奥歯)に穴を開けて根管治療が行われており、その後に詰め物で穴が封鎖されています。

ウォーキングブリーチの治療では、歯の裏側や咬む面の詰め物を取り除き、根管治療の際に歯の内部に入れた薬を取り除いて、ホワイトニング剤(漂白剤)を入れます。

1~2週間ごとに内部の漂白剤を交換し、通常、数回の治療で大幅に色調を改善することができます。(当院では変色歯の内部を精査し、より効果的な治療を行うために、スコープ(拡大鏡)と専用の照明システムを使用しています)。

ウォーキングブリーチで十分に歯が白くなったら、内部の漂白剤を完全に取り除き、歯の裏側(前歯)や歯の咬む面(奥歯)の穴をプラスチック(レジン)等の詰め物で封鎖して治療が完了します。

お口の見た目を整える治療メニュー