新宿駅 徒歩

ブログ BLOG

裏側矯正(舌側矯正)

歯の裏側に装置をつける矯正治療

歯の裏側に装置をつける矯正治療

裏側矯正(舌側矯正、リンガルブラケット矯正)は、歯の裏側に装置をつけて行う矯正治療です。
裏側矯正は、「目立つ装置を付けたくない」、「周囲に矯正治療をしていることを知られたくない」という要望から登場した新しい矯正装置です。
歯の裏側にブラケットと呼ばれる金属の装置とワイヤーを装着して歯を動かしていきます。

裏側だから見えにくい

裏側だから見えにくい

従来の歯列矯正では歯の表側に装置をつけるため、装置が見えてしまうという問題がありました。
ブラケットとワイヤーを歯の裏側につける裏側矯正なら、大きく口を開けなければ外からはほとんど見えません。
裏側矯正は、マウスピース矯正と同じく、仕事上、目立つ矯正装置を付けられない方におすすめな矯正装置です。

2Dリンガルブラケット

2Dリンガルブラケット

当院では、裏側の矯正装置に「2Dリンガルシステム」を使用しています。
この2Dリンガルブラケットは、従来の裏側の装置よりも薄く小さくなっており、裏側矯正の問題点であった装置の違和感や話しにくさが大幅に軽減されています。
また、2Dリンガルブラケットは、ワイヤーとの摩擦が少ないセルフライゲーションブラケットであるため、歯の動きが速いことも大きな特徴です。
このようなメリットがある反面、歯の複雑な移動が必要な難症例には向いていないため、基本的に軽度のケースが適応症となります。そのため、当院の裏側矯正は、部分矯正や軽度症例のみが対象となります。

裏側矯正の特徴

  • 装置が
    見えにくい

  • むし歯に
    なるリスクが軽減

  • 周囲に気づかれずに
    矯正できる

  • 歯の動きが
    速い

  • 同時に
    ホワイトニングが
    できる

治療上の注意点

話しにくさや違和感がある

裏側矯正は歯の裏側に装置がつくため、表側矯正と比べて舌の違和感や話しにくさがあります。

汚れが付きやすく歯磨きがしにくい

矯正装置の周囲に汚れが付きやすく、歯ブラシやデンタルフロスも装置に当たるため、慣れるまでは歯磨きがしにくくなります。

他の矯正より費用が高い

裏側矯正は、表側矯正やマウスピース矯正よりも一般的に費用がかかります。