新宿駅 徒歩

ブログ BLOG

表側矯正

歯の表側に装置をつける矯正治療

歯の表側に装置をつける矯正治療

表側矯正(唇側矯正、マルチブラケット矯正)は、歯の表側に装置をつけて行う矯正治療です。一般的な「矯正」のイメージとして多くの方が考える矯正治療がこの表側矯正です。
表側矯正は、各矯正治療法の中でも歴史があり、幅広いケースに対応することができます。
ブラケットと呼ばれる金属やセラミック、プラスチックの装置を歯の表側に装着し、ワイヤーをこのブラケットに通すことで歯に力をかけて矯正していきます。

目立ちにくいホワイトワイヤー

目立ちにくいホワイトワイヤー

表側矯正では、従来は金属のブラケットとワイヤーを使用することが一般的でしたが、現在は目立ちにくいセラミックなどの半透明の新しいブラケットが登場しています。
また、歯を動かすためのワイヤーも従来の銀色のワイヤーだけでなく、白色のエステティックワイヤー(ホワイトワイヤー)を使用することも可能です。
なお、当院の表側矯正は、部分矯正や軽度症例のみを対象に治療を行っています。

表側矯正の特徴

  • 幅広いケースに
    対応できる

  • 話しやすい

  • 比較的安価

  • 表側矯正が
    適切なケースがある

治療上の注意点

矯正装置が見える

歯の表側に矯正装置が付くため、装置が見えます。
半透明のブラケットや白くコーティングされたワイヤーを使用することで、通常の金属色のブラケットやワイヤーよりも目立ちにくくすることは可能です。

最初は違和感がある

ブラケットなどの矯正装置に厚みがあるため、唇が引っ掛かるなどの違和感がある方もいます。

汚れが付きやすく歯磨きがしにくい

矯正装置の周囲に汚れが付きやすく、歯ブラシやデンタルフロスも装置に当たるため、慣れるまでは歯磨きがしにくくなります。

口元の突出感がある

矯正装置が歯の表側につくため、装置の厚みによる口元の突出感があります。

矯正と同時にホワイトニングができない

歯の表側に矯正装置が付くため、歯のホワイトニングは矯正治療の開始前か矯正終了後にしかできません。