新宿駅 徒歩

正中のズレの症例 MIDLINE-SHIFT

新宿駅 徒歩

正中のズレとは?

正中(せいちゅう)とは物の中心のことであり、矯正治療ではお顔の正中、上顎歯列の正中、下顎歯列の正中が一致することが理想とされています。
特に、上顎歯列の正中線(左右上顎中切歯が接する境界のライン)がお顔の正中からズレていると、笑った時に歪んだスマイルになってしまいます。

正中のズレの原因

TROUBLE

正中ズレの代表的な原因は3つあります。

  • 左右片側の歯の重なり(叢生)が大きい
  • 左右で歯の本数が違う
  • 顎が左右に歪んでいる(顎偏位)

一般的に上顎の正中は、お顔の正中から2mm以上ズレていると周りからも歯並びのズレが目立ってしまうとされています。
また、顎の歪みが著しい場合は、上下歯列の正中を無理に一致させることでお顔の正中からズレたり、かみ合わせがズレてしまうため、全体的な調和から最適な位置を決定します。

症例で見る正中改善の
インビザライン矯正

正中のズレをインビザライン矯正で改善した当院の症例を御覧ください。

Case31才女性

主訴 前歯の歯並びが治したい
治療方法 マウスピース矯正インビザライン単独による非抜歯治療
上の前歯が1本内側に入っており歯列の真ん中(正中)が右にずれていました。マウスピース矯正で治療を行い、お顔の中心と上下歯列の中心を揃えました。
治療期間 約2年
BEFORE
AFTER
叢生、側切歯転位、正中偏位
/div>
リスク インビザライン治療は、矯正装置(アライナー)の適切な装着が不可欠です。装着方法や装着時間が適切でない場合、計画通りに歯が移動しない可能性があります。
費用 約90万円

Case27才女性

主訴 前歯の歯並びを治したい
治療方法 マウスピース矯正インビザライン単独による非抜歯治療
左上の2番目の歯(上顎側切歯)が内側に入っており、上の歯列の中心(上顎正中)が左側にずれていました。マウスピース矯正で歯並びを改善し理想的なスマイルになりました。
矯正後に金属の詰め物を白いセラミックに交換しました。
治療期間 約1年3ヶ月
BEFORE
AFTER
側切歯転位、正中のずれ
リスク インビザライン治療は、矯正装置(アライナー)の適切な装着が不可欠です。装着方法や装着時間が適切でない場合、計画通りに歯が移動しない可能性があります。
費用 約90万円

Case27才男性

主訴 2番目の歯が引っ込んでいることが気になる
治療方法 マウスピース矯正インビザラインによる非抜歯治療
前歯が右側に傾いており、深いかみ合わせ(ディープバイト・過蓋咬合)でした。マウスピース矯正でディープバイトを改善し、お顔の正中と前歯の正中を合わせました。
治療期間 約1年6ヶ月
BEFORE
AFTER
リスク インビザライン治療は、矯正装置(アライナー)の適切な装着が不可欠です。装着方法や装着時間が適切でない場合、計画通りに歯が移動しない可能性があります。
費用 約90万円

Case25才女性

主訴 上下の中心のズレを治したい
治療方法 マウスピース矯正インビザラインによる非抜歯治療
10年前に左上4番1本の抜歯によるワイヤー矯正治療を行っており、上下の真ん中(正中)が1歯分ズレていました。
歯列の正中はお顔の正中とも合っておらず歪んだ歯並びになっていたため、マウスピース矯正によりお顔の正中と上下の歯列の正中を一致させました。
治療期間 約1年
BEFORE
AFTER
リスク インビザライン治療は、矯正装置(アライナー)の適切な装着が不可欠です。装着方法や装着時間が適切でない場合、計画通りに歯が移動しない可能性があります。
費用 約90万円

Case44才女性

主訴 前歯が出ている。正中を揃えたい。
治療方法 マウスピース矯正インビザラインによる非抜歯治療
約20年前に3年間ワイヤー矯正をされていました。矯正後の後戻りにより前歯が傾き、上顎正中が左にズレていました。マウスピース矯正で正中線の改善を行いました。
治療期間 約1年5か月
BEFORE
AFTER
上顎前突、正中線のズレ、矯正後の後戻り
上顎前突
リスク インビザライン治療は、矯正装置(アライナー)の適切な装着が不可欠です。装着方法や装着時間が適切でない場合、計画通りに歯が移動しない可能性があります。
費用 インビザライン 約90万円

Case26才女性

主訴 八重歯が気になる
治療方法 マウスピース矯正インビザライン単独による抜歯治療
八重歯があり、上顎歯列の正中が右側にずれていました。上顎小臼歯2本を抜歯して噛み合わせ(叢生/オープンバイト)を改善し、上下歯列の正中とお顔の正中を揃えました。
治療期間 約2年
BEFORE
AFTER
リスク インビザライン治療は、矯正装置(アライナー)の適切な装着が不可欠です。装着方法や装着時間が適切でない場合、計画通りに歯が移動しない可能性があります。
費用 約90万円

Case28才女性

主訴 八重歯を治したい
治療方法 マウスピース矯正インビザライン単独による非抜歯治療
前歯クロスバイト、犬歯唇側転位があり、上の前歯が右側に傾き正中がズレていました。マウスピース矯正で歯並びの歪みを改善しました。
治療期間 約1年3ヶ月
BEFORE
AFTER
叢生、犬歯唇側転位、正中不一致
リスク インビザライン治療は、矯正装置(アライナー)の適切な装着が不可欠です。装着方法や装着時間が適切でない場合、計画通りに歯が移動しない可能性があります。
費用 約90万円

Case25才女性

主訴 顎と歯並びがずれている
治療方法 マウスピース矯正インビザライン&インプラント治療
上顎左右5番目の永久歯が元々なく、上顎前歯の正中が右にずれていました。虫歯になっている乳歯を抜歯し、マウスピース矯正で歯並びの歪みを改善しました。
乳歯があった部分は矯正治療後にインプラントで機能回復を行いました。
治療期間 約1年8ヶ月
BEFORE
AFTER
リスク インビザライン治療は、矯正装置(アライナー)の適切な装着が不可欠です。装着方法や装着時間が適切でない場合、計画通りに歯が移動しない可能性があります。
費用 約80万円

Case20才男性

主訴 前歯の歯並びを治したい
治療方法 マウスピース矯正インビザライン単独による非抜歯治療
前歯の不揃いな歯並び(叢生/交叉咬合)と正中のズレをマウスピース矯正で改善しました。
治療期間 約1年6ヶ月
BEFORE
AFTER
叢生、クロスバイト
叢生、クロスバイト
叢生、クロスバイト
リスク インビザライン治療は、矯正装置(アライナー)の適切な装着が不可欠です。装着方法や装着時間が適切でない場合、計画通りに歯が移動しない可能性があります。
費用 約90万円