新宿駅 徒歩

ブログ BLOG

ダイレクトボンディングの適応例

  • むし歯治療の詰め物

    むし歯治療後の詰め物としてダイレクトボンディングを用いることで、治療したことがわからないほど自然な見た目になります。歯の根元に出来たむし歯治療後にも有効です。

  • すきっ歯

    すきっ歯は、歯と歯の間に隙間がある状態のことを指します。特に前歯を気にされる方が多いのですが、この隙間をダイレクトボンディング法で改善することができます。

  • ホワイトスポット

    ホワイトスポットとは、歯のエナメル質に出来る白い斑点(まだら模様)がある状態のことを指します。ホワイトスポットの部分を削り、ダイレクトボンディング法で修復することにより、自然な見た目にすることができます。

  • ブラックトライアングル

    ブラックトライアングルとは、歯肉の退縮などが原因で、歯と歯の間に三角形の隙間が出来てしまうことです。この隙間をダイレクトボンディング法で修復することが可能です。

  • 欠けた前歯の修復

    何らかの理由で前歯がかけてしまった場合、欠けた部分をダイレクトボンディング法で修復します。歯が欠けていたとわからないほど自然な仕上がりになります。

  • 前歯の形態改善

    矮小歯(歯が小さい)や歯切りしなどですり減ってしまった前歯をダイレクトボンディング法で修復することができます。前歯全体のバランスを考えて修復を行います。状態によってはセラミッククラウンで審美改善を行う場合もあります。

  • 不適合な詰め物の改善

    以前コンポジットレジン治療を行い、変色してしまった部分や治療した部分の色調が他の歯と合っていないなど、不適合な詰め物を改善することができます。