新宿駅 徒歩

ブログ BLOG

よくあるご質問

Q

前歯のすき間をダイレクトボンディング治療で治せますか?

A

実際にダイレクトボンディングで治療できるかどうかは、直接お口の中を拝見させていただき、歯の状態や噛み合わせの状態を確認する必要があります。隙間が極端に広いケースでは、詰めた部分が欠けやすかったり歯のバランスが悪くなるため、ダイレクトボンディングが適した治療でない場合があります。
当院ではダイレクトボンディング治療の初診相談を行っておりますので、お電話にてご予約下さい。

Q

ダイレクトボンディングとセラミック治療ならどちらがいいですか?

A

どちらがいいかは一概には言えません。
ダイレクトボンディング治療は、セラミック治療と比べて歯を削る量が少なく、治療費が安いというメリットがあります。セラミックは、強度・耐久性が高くすり減りにくい、変色や艶の消失がなく長期的な審美性に優れているというメリットがあります。
ダイレクトボンディングとセラミック治療のどちらが適しているかは、治療部位や噛み合わせなど総合的に判断する必要があります。まずはご相談下さい。

Q

ダイレクトボンディング治療は何回通院する必要がありますか?

A

通常、ダイレクトボンディングの初診相談を含めて3回の通院が必要です。
1回目の初診相談時にダイレクトボンディング治療の診断、治療方法、治療時間等を決めます。2回目のご来院時に、患者様の歯にダイレクトボンディングの処置を行います。この時点で治療の目的はほぼ達成されますが、ダイレクトボンディングの治療直後は歯が乾燥して白く見えることが多いため、後日3回目のご来院時に、仕上がりの確認と最終調整を行います。