ダイレクトボンディングの治療例 前歯の形態改善例

治療例

左右の1番目の歯(上顎中切歯)が捻じれており、2番目の歯(上顎側切歯)が元々ないため、歯の形や隙間など審美的な問題がみられます。

矯正治療やセラミッククラウン、セラミックラミネートベニアをご提案いたしましたが、歯を削りたくないという患者様のご希望に沿ってダイレクトボンディングで治療を行いました。今回の治療では一切歯を削っていません(歯の表面を一部削るとプラスチックの境目がより目立たなくなります)。

主訴 前歯の隙間を治したい
治療方法 ダイレクトボンディング治療
治療期間 約3週間

治療例

治療例

リスク 噛み合わせの状態によっては欠けることがあります
費用 約4万円×4歯

治療例

中央から2番目の左右の歯が通常より小さい状態(矮小歯)でした。

ダイレクトボンディング治療(ダイレクトべニア治療)により、標準的な形態に改善しました。

主訴 尖っている前歯を治したい
治療方法 ダイレクトボンディング治療
治療期間 約2週間

治療例

リスク 噛み合わせの状態によっては欠けることがあります
費用 約4万円×2歯

治療例

擦り減った前歯の形と歯の色を改善するために、まず歯のホワイトニング(ホームブリーチ)により歯を白くしました。

ホワイトニング後に黄ばんでいたプラスチック(コンポジットレジン)と歯の形をダイレクトボンディング法で改善しました。

主訴 前歯の形を治したい
治療方法 ダイレクトボンディング治療
治療期間 約3週間

治療例

リスク 噛み合わせの状態によっては欠けることがあります
費用 約4万円×2歯

治療例

歯の形と隙間をダイレクトボンディング治療で改善しました。

主訴 前歯の隙間を治したい
治療方法 ダイレクトボンディング治療
治療期間 約4週間

治療例

リスク 噛み合わせの状態によっては欠けることがあります
費用 約3万円×4歯

治療例

すり減って短くなった前歯2本の形をダイレクトボンディング(ダイレクトレジン)で治したいとのご希望でした。前歯の先端(切縁)をダイレクトボンディング治療で本来の形に再現しました。

歯ぎしりが原因で歯がすり減っているため、このようなケースではより耐久性・強度があるセラミッククラウンやセラミックラミネートベニアも検討する必要があります。今回は歯をなるべく削りたくないという患者様のご希望に沿ってダイレクトボンディングで治療を行い、歯ぎしりによる破損を防止するため睡眠時にマウスピース(ナイトガード)を装着しています。

主訴 すり減った前歯を治したい
治療方法 ダイレクトボンディング治療
治療期間 約3週間

治療例

リスク 噛み合わせの状態によっては欠けることがあります
費用 約3万円×2歯

お口の見た目を整える治療メニュー