セラミック修復の治療例(ラミネートベニア)

治療例

歯の表面に付け爪のような薄いシェル状のセラミックスを貼るセラミックラミネートべニア法で前歯の隙間を改善しました。

ラミネートベニア法は、一般的なクラウンによる方法よりも歯を削る量が少なく、ダイレクトボンディング法でみられる変色もない審美的な治療法です。

主訴 前歯の隙間を治したい
治療方法 セラミック治療(ラミネートベニア)
治療期間 約3週間

治療例

治療例

リスク セラミック修復は変色がなく耐久性の高い治療ですが、歯周病や二次虫歯を予防するためにはプラークコントロールが大切です。
費用 約12万円X2歯

治療例

前歯の表面が全体的に虫歯になっていたため、歯の表面だけを少し削って薄いセラミックを貼るセラミックラミネートベニア法で前歯3本を治療しました。

ラミネートべニア法は、付け爪のような厚さ1mm弱の薄いセラミックのシェルを歯の表面に貼るため、歯をあまり削らない歯にやさしい治療です。

歯の長さが短くなっていた前歯1本は、レーザーによる歯肉整形術を行い、メタルセラミッククラウンで治療しました。

ラミネートベニアとクラウンを組み合わせた難しいケースでしたが、自然な歯を再現することができました。

主訴 前歯をきれいにしたい
治療方法 セラミック治療(ラミネートベニア&クラウン)
治療期間 約6週間

治療例

治療例

リスク セラミック修復は変色がなく耐久性の高い治療ですが、歯周病や二次虫歯を予防するためにはプラークコントロールが大切です。
費用 約12万円X4歯

治療例

前歯2本が歯ぎしりによってすり減ってしまい、歯の形が不揃いでした。歯の表面を1mm弱削り、付け爪のように薄いセラミックべニアを接着して本来の歯の形を回復しました。

このケースのように歯ぎしりが強い場合は、セラミックべニアが剥がれたりかけたりすることがあるため、就寝時に歯ぎしりから歯を守るためのマウスピース(ナイトガード)を装着することが大切です。

主訴 前歯の形を治したい
治療方法 セラミック治療(ラミネートベニア)
治療期間 約3週間

治療例

リスク セラミック修復は変色がなく耐久性の高い治療ですが、歯周病や二次虫歯を予防するためにはプラークコントロールが大切です。
費用 約10万円X2歯

治療例

変色した前歯が他の歯よりも奥に並んでいたため、歯の表面にセラミックを貼るセラミックラミネートベニア法で治療しました。

主訴 前歯の変色が気になる
治療方法 セラミック治療(ラミネートベニア)
治療期間 約2週間

治療例

リスク セラミック修復は変色がなく耐久性の高い治療ですが、歯周病や二次虫歯を予防するためにはプラークコントロールが大切です。
費用 約10万円

お口の見た目を整える治療メニュー