セラミック修復の治療例(ブリッジ)

治療例

歯周病で歯を失った部分を補うため、メタルセラミッククラウンのブリッジにより治療を行いました。

このような失った歯を補う方法には、固定性のブリッジ、取り外し式の部分入れ歯(義歯)、インプラントがあります。

主訴 奥歯で噛めるようにしたい
治療方法 セラミック治療(メタルセラミックブリッジ)
治療期間 約1ヶ月

治療例

治療例

リスク セラミック修復は変色がなく耐久性の高い治療ですが、歯周病や二次虫歯を予防するためにはプラークコントロールが大切です。
費用 約12万円×3歯

治療例

下顎前歯の歯がない部分に歯を付けるために、ジルコニアフレームを使用した接着性ブリッジ(メリーランドブリッジ)で治療を行いました。

通常のブリッジの場合は、両側の歯を全体的に削って歯を被せる必要がありますが、メリーランドブリッジは両側の歯の裏側に接着させるため、あまり歯を削らないで治療できるメリットがあります。ジルコニアを使用することで金属を一切使わない審美的な治療が可能になります。

主訴 前歯に歯を入れたい
治療方法 セラミック治療(接着性ブリッジ)
治療期間 約2週間

治療例

治療例

リスク セラミック修復は変色がなく耐久性の高い治療ですが、歯周病や二次虫歯を予防するためにはプラークコントロールが大切です。
費用 約10万円×3歯

治療例

歯がない部分をブリッジで治療しました。4歯のブリッジの前の2歯をメタルセラミック(PFM)、後の2歯を白金加金(PGA)で製作し、それぞれが持つ審美性・耐久性・経済性のメリットを生かした治療を行いました。

主訴 差し歯を作り直したい
治療方法 セラミック治療(メタルセラミックブリッジ)
治療期間 約1ヶ月

治療例

治療例

リスク セラミック修復は変色がなく耐久性の高い治療ですが、歯周病や二次虫歯を予防するためにはプラークコントロールが大切です。
費用 約12万円×2歯+約10万円X2歯

お口の見た目を整える治療メニュー