五十嵐歯科室 新宿マウスピース矯正センターTOPQ&A>ホワイトニングについて

ホワイトニング Q&A 五十嵐歯科室(西新宿)

ホワイトニングをすると歯が弱くなりますか?

 ホワイトニングによって歯が弱くなったり、虫歯になったりすることはありません。

 ホワイトニング剤の主成分である過酸化水素や過酸化尿素は、熱などによって活性化されると酸素と水に分解されます。この分解された酸素が歯の内部の色素と結びついて、着色物質を無色透明にすることで歯が白くなります。

 ホワイトニングを行っても歯の構造は変わらないため、歯が溶けたり脆くなることはありません。ホワイトニングによって歯がしみるのは、薬剤による刺激が歯の薄い部分や元々ある亀裂から歯の神経に伝わるために起きる症状ですが、あくまでも一時的なものでホワイトニング後に歯にダメージが残ることはありません。