五十嵐歯科室 新宿マウスピース矯正センターTOPQ&A>歯周病について

歯周病治療 Q&A 五十嵐歯科室(西新宿)

歯周病が全身の病気を引き起こすと聞きましたが本当ですか?

本当です。歯周病は全身の病気を引き起こす可能性があります。

歯周病になっているということは、お口の中は歯周病菌などの細菌がたくさん増えている状態です。歯周病菌が喉から気管支や肺に入り込むと、間接的に炎症を誘発して気管支炎や肺炎を引き起こします。

また、歯周病菌が歯茎の血管の中に入り込んで心臓や脳の血管まで運ばれることがあります。血管の壁に歯周病菌がこびりつくと炎症や動脈硬化を引き起こし、心内膜炎・狭心症・心筋梗塞などの心臓病や脳梗塞を誘発する可能性があります。

さらに歯周病の炎症によって、間接的に糖尿病を悪化させたり、早産や低体重児出産を引き起こすことが指摘されています。