五十嵐歯科室 新宿マウスピース矯正センターTOPQ&A>歯列矯正について

矯正治療 Q&A 五十嵐歯科室(西新宿)

自然に歯並びが悪くなることはありますか?

 歯は常に力がかかっていると自然に動いていくため、いつの間にか歯並びが悪くなることがあります。以前は気にならなかった歯並びがおかしいと感じるようになるのはそのためです。
 特に前歯の変化に気づかれる方が多いと思います。「前歯が前方に出てきた」「前歯がねじれてきた」「前歯が不揃いになってきた」「歯と歯の間に隙間ができた」「歯が伸びてきた」などがよく見られる変化です。

 歯の並ぶ場所は、歯を支える骨や周囲の歯、唇、頬、舌などのバランスによって自然に決まってきます。このバランスが崩れてくると歯が自然に動いてしまいます。歯並びが悪くなる主な原因としては、虫歯の放置、抜歯後の治療中断、歯周病、咬み合せ、歯ぎしり、舌で歯を押すなどの舌癖、親知らずなどがあります。

 歯並びの変化に気づいた時はなるべく早く診察を受けることが大切です。放置して歯並びが大きく変化してしまった後では、長期間の治療や本格的な矯正治療が必要になりますが、早期に対処すれば短期間の治療で済む場合が多いからです。