五十嵐歯科室 新宿マウスピース矯正センターTOPQ&A>レーザー治療について

レーザー治療 Q&A 五十嵐歯科室(西新宿)

歯科レーザーにはどのような種類がありますか?

 歯科で使用されている主なレーザーには、炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)、Er:YAGレーザー、ネオジウムヤグレーザー(Nd:YAGレーザー)、半導体レーザーなどがあります。

 これらのレーザーはすべて波長が異なり、レーザーの性質(水に対する吸収特性)も違います。人の体は多くの水を含んでいますので、このレーザーの性質の違いにより、各レーザーの体への作用も変わってきます。

 Nd:YAGレーザーは歯肉や歯に対しての透過性(組織浸透性)が高いため、麻酔効果や、組織の活性化(顎関節の痛みや根管治療)などに効果があります。その反面、切開などには不向きで、組織浸透性が高いためエネルギーのコントロールに注意が必要です。

 CO2レーザーは日本で最も普及しているレーザーです。エネルギーが組織表面に作用するため、主にレーザーメスとして歯肉の切開や止血、口内炎の治療などに使用されています。しかし、レーザー照射部に炭化(黒焦げ)や熱変性が起きやすく、切開や止血以外のレーザー治療には不向きなため、欧米の先進諸国では現在あまり使用されていません。

 Er:YAGレーザーは水への吸収性が最も高く、組織表面にのみエネルギーが集中するため安全性が高く、軟組織(歯肉)だけでなく、歯や骨、歯石などの硬組織にも使用することができます。そのため虫歯治療や歯石除去が可能です。また、軟組織に対しても炭化や熱変性がほとんどないため治癒が早く、切開や歯周病治療、メラニン色素除去などに効果的です。その反面、組織浸透性が低いためNd:YAGレーザーのような効果はありません。

レーザー治療
診療時間 月曜~土曜 9:00~18:00(火曜・金曜は19:00まで) 日曜・祝日 休診
診療予約のお願い
新宿西口 五十嵐歯科室 新宿マウスピース矯正センター 地図
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-5-11
新宿三葉ビル9階
新宿駅から徒歩1
地図の詳細へ