五十嵐歯科室 新宿マウスピース矯正センターTOP歯周病治療>プラークコントロール

歯周病治療

   
プラークコントロール ― 歯周病の治療&予防のために ―
プロフェッショナルケア、セルフケア

 プラークコントロールとは、歯周病の直接の原因であるプラーク(バイオフィルム)を減少させたり、プラークが再び付着するのを予防することです。

 歯周病の治療では、プラークコントロールは不可欠なものです。プラークコントロールなくして歯周病を治療することはできません。

 初期の歯周病であれば、プラークを徹底的に取り除くことで歯肉を健康な状態に回復させることができます。

 歯周病が進行したケースで歯周外科治療(フラップ手術歯周組織再生療法)が必要なケースでも、プラークコントロールをしっかり行うことで、治療の効果を大きく高めることができます。

 プラークコントロールは、歯周病の治療だけでなく、歯周病を予防する上でも大切です。

 プラークコントロールには、歯科医院で行うプラークコントロール(プロフェッショナルケア)と、ご家庭で行う毎日のプラークコントロール(ホームケア)があります。

   
歯科医院で行うプラークコントロール
プロフェッショナルケア

 日常生活で取りきれないプラークや汚れを、歯科医師・歯科衛生士が専用の器具で取り除き、歯肉の炎症を抑えます。(スケーリング・ルートプレーニング、PMTC)

 また、患者様ご自身がご家庭でしっかりプラークコントロールができるように、適切な歯磨きの仕方や、デンタルフロス・歯間ブラシの使い方、食生活等についてアドバイスいたします(口腔衛生指導)。

  歯周病を患っている方は、日々きちんと磨いているつもりでも実際には汚れを落とせていないことが多いため、プラークの染め出しにより、磨けていない部分を確認します。

  歯周病治療では、プラークコントロールの指標(プラークコントロールレコード/PCR)が20%以下になることを目標とし、20%以下を維持できるようにします。

   
プロフェッショナルケア
ご家庭で行うプラークコントロール

 生活習慣病である歯周病の治療を成功に導くためには、患者様ご自身による毎日のプラークコントロール(ホームケア/セルフケア)が不可欠です。

 ホームケアで最も大切なことは、丁寧な歯磨き(ブラッシング)ですが、不規則な食事回数や間食を控えた規則正しい食生活、繊維質の食品をよく咬んで食べること、ストレスをため込まない生活や十分な睡眠を心がけることなども大切です。

関連ページ
                
ご予約はこちら 電話 03-6302-0123 診療時間 月・水・木・土 9:00~18:00 火・金 9:00~19:00 日曜・祝日休診