五十嵐歯科室 新宿マウスピース矯正センターTOP診療内容歯列矯正マウスピース矯正>矮小歯/欠損歯の治療例

透明なマウスピースによる矯正 インビザライン アソアライナー

マウスピース矯正の治療例

矮小歯/欠損歯・・・歯の形態や歯数に異常があるケース

治療例

30代 女性

 

上顎左側側切歯(写真右2番)が最初からない先天性欠損でした。

過去に受けた矯正治療時に奥歯を3本抜歯していましたが、矯正後の後戻りですき間と出っ歯(上顎前突)になっており、上下の前歯の中心(正中)もズレている状態でした。

歯並びをマウスピース矯正で改善し、矯正後に上顎左側犬歯(3番)の形をダイレクトボンディング治療で改善しました。

治療 術前 術後
マウスピース矯正治療 術前 術後
マウスピース矯正治療 術前 術後
矯正治療 術前 術後
矯正治療 術前 術後
矯正治療 術前 術後

治療例

30代 女性

 

上顎側切歯2本(写真左右2番)が抜歯されていたため、上下の歯の本数が合わず下の前歯がデコボコ(叢生)になっており、下の前歯と奥歯が上の歯より外側に出ている反対咬合の状態でした。

下の歯を2本抜歯してマウスピース矯正で歯並びを改善しました。また、矯正と同時にホームホワイトニングを行い歯を白くしました。

治療期間は約1年9ヶ月でした。

インビザライン治療 術前 術後
マウスピース矯正治療 術前 術後
矯正治療 術前 術後
矯正治療 術前 術後
矯正治療 術前 術後

治療例

30代 男性

 

上顎右側側切歯が先天性欠損だったためにその隙間を上顎右側犬歯(写真左3番)の被せ物で補う治療がされており、上顎左側側切歯(写真右2番)も歯の形が通常より小さい矮小歯でした。

また、上顎右側中切歯(写真左1番)が本来の位置よりも先天性欠損側(写真左側)に位置していたため、顔の中心と上顎前歯の中心がズレていました。

約9ヶ月後に結婚式を控えていたため、マウスピース矯正セラミック治療により短期間で前歯の審美性を改善する計画を立てました。上下顎前歯の部分矯正で前歯の位置を改善し、ジルコニアセラミッククラウン(CAD/CAM)による治療で上顎右側側切歯・犬歯、上顎左側側切歯の歯の形を改善しました。

矯正期間は約4ヶ月、セラミック治療は約2ヶ月でした。結婚式を迎えるまでに前歯がきれいに揃った自然な口元になりました。

インビザライン治療 術前 術後
マウスピース矯正治療 術前 術後
矯正治療 術前 術後
矯正治療 術前 術後

治療例

20代 女性

 

上顎右側側切歯(写真左2番)が通常の歯より小さい矮小歯でした。

マウスピース矯正で前歯のでこぼこ(叢生)を改善し、セラミック治療で矮小歯を通常の歯の大きさに回復させる計画をたてました。

矯正で矮小歯の周囲に約1mmのすき間を確保し、セラミックラミネートベニアにより歯の形態を改善しました。

インビザライン治療 術前 術後
マウスピース矯正治療 術前 術後
矯正治療 術前 術後
矯正治療 術前 術後
関連ページ
                
ご予約はこちら 電話 03-6302-0123 診療時間 月・水・木・土 9:00~18:00 火・金 9:00~19:00 日曜・祝日休診