五十嵐歯科室 新宿マウスピース矯正センターTOP診療内容歯列矯正>マウスピース矯正とは(インビザライン・アソアライナー・DENマウスピース等)

透明なマウスピースによる矯正 アソアライナー インビザライン DENマウスピース

歯並びを治したい! でも・・・。

歯並びについて悩みを抱えている方は多くいらっしゃいます。

「不揃いな前歯を治したい」「もっと歯並びをきれいにしたい」と思っていても、多くの方が矯正することをためらっているのではないでしょうか?

見えないマウスピース矯正装置イークライナー(eCligner)

「歯並びはきれいにしたいけれど、痛そうなワイヤーの矯正は嫌」

「仕事の都合上、見た目が気になる」

「モデルをしているので矯正装置がつけられない

「少しだけ歯並びを治したいけれど、矯正は費用が高い」など

マウスピース型の矯正装置

 見た目だけが問題であれば、裏側に装置をつける舌側矯正という方法がありますが、装置の違和感や話しづらさ、費用が高いことなどが問題となる場合があります。

 ワイヤーやブラケットを使わない、いわゆるマウスピース矯正は、このような見た目や違和感などの問題を解決できる矯正装置です。

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは?
見えないマウスピース矯正装置

マウスピース矯正(アライナー矯正)は、ワイヤーやブラケットを使わず、少しずつ形を変化させたマウスピース型の矯正装置を装着することで歯を動かしていく矯正法です。

マウスピース型の矯正装置は、目立たない、取り外しができる、痛みが少ないなどの多くのメリットがあります。

どのような種類がありますか?

 日本で主に採用されているマウスピース矯正装置には、インビザライン、、アソアライナー/クリアアライナーイークライナーDENマウスピースオペラグラスアクアシステムエシックスがあります。

マウスピース型の矯正装置

 一般的な矯正歯科では、1~2種類のマウスピース矯正装置を扱っていることがほとんどですが、五十嵐歯科室 (新宿マウスピース矯正センター)では、多種類のマウスピース矯正装置(上記すべて)を取り扱っています。

そのため、患者様の歯並びの状態や、治療期間・費用・装着感など患者様のご要望に合わせて、多種類の中から最適なマウスピース矯正装置をご提案しております。

マウスピース矯正の特長&メリット
マウスピース矯正のメリット
  • 透明で目立たない
     従来の金属ワイヤーとブラケットによる矯正装置とは違い、透明なマウスピース型のため、目立たず周囲から気づかれにくい装置です。ブラケットを装着する必要がないため、矯正後の後戻り治療にも最適な装置です。
  • 取り外しができて衛生的
     食事や歯磨きの時は、矯正装置を取り外すことができます。従来のワイヤー矯正では困難だった歯磨きが不自由なく行えるため、口腔内を清潔に保つことができます。
  • 違和感が少ない
     金属ワイヤーとブラケットのような装置自体の異物感が少なく、「話しづらい」「口内炎がよくできる」等の不快症状がありません。
  • 痛みが少ない
     弱い力で歯を優しく動かすため、痛みが出にくい矯正装置です。ワイヤー矯正のような調整直後の強い痛みがありません。
  • 矯正中の虫歯治療が可能
     取り外しが可能な矯正装置のため、矯正治療中でも虫歯の治療が可能です。
     当院では歯の形を変えない精密な虫歯治療が可能なため、最初の歯型採りですべてのマウスピースを製作するインビザラインやイークライナーでも矯正治療中での虫歯治療ができます。
  • 同時にホワイトニングができる
     矯正用のマウスピースを利用してホワイトニング(ホームブリーチ)を行うことができます。ホワイトニングジェルの費用だけで済むので、ホワイトニング費用も通常の半分以下で、矯正をしながら歯を白くすることができます。ブラケットがないため、オフィスホワイトニングも可能です。
  • 金属がないから安心
     金属を一切使用しないため、金属にアレルギーのある方でも安心して矯正を行うことができます。
マウスピース型の矯正装置を装着した状態
治療上の注意点
マウスピース矯正のデメリット
  • 装着時間を守らないと歯は動かない
     マウスピースを装着しなければ歯は移動しません。
     マウスピース矯正は装置が取り外せることは大きなメリットでもありますが、簡単に装置が取り外せるため、患者様が責任を持って決められた時間装置を付けなければ治療は進みません。
  • 治療できないケースがある
     患者様の歯並びや口腔内の状況、希望される治療結果によってはマウスピース矯正で治療できないことがあります。
     また、マウスピース矯正の種類によっても適応症が違います。マウスピースのみでの治療に限界がある場合は、ワイヤー等の補助的な装置が必要になることがあります。
     なお、当院では、多種類のマウスピース矯正装置とワイヤーなどの補助的な装置により、幅広い症例に対応できるようにしています。
関連ページ
                
ご予約はこちら 電話 03-6302-0123 診療時間 月・水・木・土 9:00~18:00 火・金 9:00~19:00 日曜・祝日休診