五十嵐歯科室 新宿マウスピース矯正センターTOP診療内容審美歯科セラミック治療>セラミック治療例(ブリッジ)

セラミック治療

セラミック修復の治療例

 

歯がない部分を治したい----セラミック治療(ブリッジ)

    

治療例

 

神経のない差し歯(失活歯)が根本から折れた(歯根破折)ため、歯肉が腫れており、抜歯が必要な状態でした。

抜歯をすると周囲の骨や歯ぐきがて失われて歯肉が上に上がるため、歯が長くなるなど見た目に問題が生じます。このケースでは抜歯を行う前に、歯を引っ張り出す矯正(矯正的廷出)で周囲の骨や歯ぐきを増やすことで、より審美的な改善を目指しました。

部分矯正後に歯根破折した歯を抜歯し、ジルコニアのフレームを使用したオールセラミッククラウン(ジルコニアクラウン)のブリッジで治療しました。

メタルセラミッククラウンブリッジ 術前 術後
メタルセラミッククラウンブリッジ 術前 術後

治療例

 

歯周病で歯を失った部分を補うため、メタルセラミッククラウンのブリッジにより治療を行いました。

このような失った歯を補う方法には、固定性のブリッジ、取り外し式の部分入れ歯(義歯)、インプラントがあります。

メタルセラミッククラウンブリッジ 術前 術後
メタルセラミッククラウンブリッジ 術前 術後

治療例

 

下顎前歯の歯がない部分に歯を付けるために、ジルコニアフレームを使用した接着性ブリッジ(メリーランドブリッジ)で治療を行いました。

通常のブリッジの場合は、両側の歯を全体的に削って歯を被せる必要がありますが、メリーランドブリッジは両側の歯の裏側に接着させるため、あまり歯を削らないで治療できるメリットがあります。ジルコニアを使用することで金属を一切使わない審美的な治療が可能になります。

ジルコニアメリーランドブリッジ 術前 術後
ジルコニアメリーランドブリッジ 術前 術後

治療例

 

歯周病で失った前歯をメタルセラミックブリッジで治療しました。

抜歯の原因となった歯周病が全体的に進んでいたため、まず歯周病の治療を行いました。前歯には既にセラミックの差し歯が1本入っていたため、その差し歯の色や形に合わせてブリッジを製作し、調和のとれた仕上がりを心がけました。

メタルセラミック(PFM)ブリッジ 術前 術後
       

治療例

 

歯がない部分をブリッジで治療しました。4歯のブリッジの前の2歯をメタルセラミック(PFM)、後の2歯を白金加金(PGA)で製作し、それぞれが持つ審美性・耐久性・経済性のメリットを生かした治療を行いました。

メタルセラミッククラウン 術前 術後
メタルセラミッククラウン 術前 術後

治療例

 

下顎の前歯が保険内の被せ物(ブリッジ)で治療されていましたが、歯の形や色などに審美的な問題がありました。下顎犬歯がないため、ジルコニアを使用したオールセラミッククラウンのブリッジで治療を行いました。

ジルコニアオールセラミッククラウン 術前 術後
関連ページ
                
セラミック治療とは
ハイブリッドセラミックとは
歯の土台(コア)とは
ファイバーコアとは
虫歯治療(う蝕治療)について
MTA覆髄治療(歯髄保存治療)について
拡大鏡治療(精密治療)について
歯の着色や汚れを取って白くきれいにしたい---歯のクリーニング(PMTC・エアフロー)
歯を白く明るくしたい---歯のホワイトニング
前歯の詰め物をきれいに治したい---ダイレクトボンディング
ご予約はこちら 電話 03-6302-0123 診療時間 月・水・木・土 9:00~18:00 火・金 9:00~19:00 日曜・祝日休診