五十嵐歯科室 新宿マウスピース矯正センターTOP診療内容一般歯科>虫歯治療(う蝕治療)

虫歯治療(う蝕治療/むし歯治療)

 虫歯は、その進行状態(C1~C4)によって痛みなどの症状や治療方法が異なります。

初期の虫歯(C1:う蝕症第一度)
C1 (う蝕症第一度)

初期虫歯といわれるものです。

歯の外側を覆っているエナメル質にできた虫歯で、自覚症状はありません。
自分ではなかなか見つけにくいもので、お口の健康診断でよく発見されます。

治療方法

  • 虫歯を除去した後、白いプラスチック(コンポジットレジン)を詰めます。
    審美性や耐久性を重視する場合は、ダイレクトボンディングによる治療を行います。
  • 1回の治療で終わります。
進行した虫歯(C2:う蝕症第二度)
C2 (う蝕症第二度)

虫歯が進行して、象牙質に及んだ状態です。

冷たいものや、熱いものがしみたり、痛みを伴い始めます。初期の症状は冷たいもので歯がしみる知覚過敏と似ています。
さらに虫歯が進行すると、痛みが強くなる上に、治療にも時間がかかりますので、虫歯はこの時期までに治すことが大切です(虫歯の治療例へ)。

治療方法

  • 通常、麻酔を行い虫歯を除去します。
  • 保険内診療の場合、虫歯の除去後に白いプラスチック(コンポジットレジン/CR)や、金属(銀合金)の詰め物で修復します。
    審美性や耐久性を重視する場合は、セラミック治療ハイブリッドセラミック治療ダイレクトボンディング治療による詰め物で治します。
  • 当院では、深い虫歯で虫歯除去時に歯髄が露出(露髄)した場合や神経に近接している場合に、歯髄を保存・保護する目的でMTA覆髄治療を行うことがあります。
  • 治療回数は通常、1回または2回です。
重度の虫歯(C3:う蝕症第三度)
C3 (う蝕症第三度)

痛みを感じていながらも治療しないで放っておくと、この状態になります。
虫歯が神経(歯髄)にまで及んだ状態です。

何もしなくてもズキズキとした強い痛みを感じます。
歯髄が感染して炎症を起こしていますので、歯髄を取る処置が必要になります。

治療方法

  • 麻酔をして歯髄を取り、歯の中を消毒します(根管治療/抜髄処置)。
  • 根管治療が終わった後、詰め物または被せ物により修復します。
    保険内診療の場合、前歯はプラスチック(硬質レジン前装冠・CR)、奥歯は銀歯(銀合金)の被せ物や詰め物になります。
    審美性や耐久性を重視する場合は、セラミック治療ハイブリッドセラミック治療による被せ物や詰め物で治します。
  • 根管治療後に残っている歯質が少ない場合は、歯の土台の治療(ファイバーコアレジンコアメタルコアゴールドコア)を行い、歯を補強します。
  • 治療回数は、通常、4、5回かかります。
末期の虫歯(C4:う蝕症第四度)
C4 (う蝕症第四度)

虫歯をさらに放っておくと、この状態になります。
虫歯によって歯は崩壊し、歯の根だけが残った状態(残根)です。

歯髄が死んでいるため、痛みは一次的に治まります。
細菌による感染が歯の根から周りの骨に及ぶと、骨が破壊され膿がたまります。
さらに重症になると、急激な痛みや発熱を生じたり、敗血症などの重篤な症状を引き起こします。

治療方法

  • 通常、抜歯となります。
    抜歯後は、ブリッジや入れ歯(義歯)、インプラント等で失った歯を補う治療を行います。
  • 歯を残す必要性がある場合は、根管治療を行います。
    虫歯でない健全な歯質が歯肉より下(歯肉縁下)にある場合は、歯根を歯肉より上に引っ張り出す矯正的挺出を行うことがあります。その後、ファイバーコアメタルコア等の歯の土台の治療を行い、セラミッククラウン等で被せて修復します。
虫歯の治療例

治療例

 
オールセラミッククラウン 術前 術後

治療例

 
虫歯治療 術前 術後
関連ページ
                
ご予約はこちら 電話 03-6302-0123 診療時間 月・水・木・土 9:00~18:00 火・金 9:00~19:00 日曜・祝日休診